R22冷媒の空調機をお使いのお客様へ

  1. HOME >
  2. お知らせ >
  3. 空調設備 >

R22冷媒の空調機をお使いのお客様へ

R22冷媒は、2019年12月末をもって、国内生産・輸入が禁止となりました

2000年頃より前に製造された空調機は、R22冷媒(HCFC)が主に使われていましたが、オゾン層を破壊する成分を含んでいるため、モントリオール議定書に基づき、オゾン層破壊係数0のR410A冷媒(HFC)などに転換されています。

国内では、R22冷媒搭載機は、2007年ごろに新規出荷は終わっています。
2007年より前の中低温エアコンはR22搭載機の可能性があります。

空調機の更新をご検討ください。

R22冷媒の空調機を使っているとどうなるの?

R22冷媒の価格高騰

  • すでに価格高騰が始まっており、これまでより修理費用が高額になる
  • 在庫減少により入手が困難になり、修理までに時間がかかる
  • 在庫がなくなると、修理自体ができなくなる

古い機種のエアコンは一部部品の在庫も無く修理ができない

こちらもCHECK
一般社団法人 日本冷凍空調工業会|お知らせ|HCFC(R22冷媒など)の国内生産削減・全廃のお知らせ
一般社団法人 日本冷凍空調工業会|お知らせ|HCFC(R22冷媒など)の国内生産削減・全廃のお知らせ

一般社団法人 日本冷凍空調工業会、お知らせ、HCFC(R22冷媒など)の国内生産削減・全廃のお知らせ

www.jraia.or.jp

お使いのエアコンに使われている冷媒の調べ方

室外機前面または側面の銘板シールに記載されています。
また、機種名から使用している冷媒の種類を調べることができます。

冷媒にR22と記載されている機種は更新をご検討ください。